フォーマルまめ知識

ボウタイと棒タイは別物?

フォーマルウェアの由来やネクタイの結び方、正しい着こなし方など‥
知っておくと便利で楽しい、フォーマルまめ知識のご紹介!

タキシードと言って思い浮かぶのはやはり首元の蝶ネクタイですね。
色、形はさまざまありますが、バタフライって呼ぶとちょっと通っぽいです。

蝶=バタフライなのですが、
英語ではバタフライタイとはあまり言わず、
「ボウタイ」が一般的。

ではなぜ、ボウタイなのか。

ちょうど数日前、当店の南青山店スタッフより、
このことについて質問があったのですが、
ボウタイは「bow tie」と表記し、bow(曲げる)という意味をもっています。

ビジネスシーンで通常着用するネクタイが
結び提げてまっすぐになるのに対し、
蝶ネクタイはくるりと首元で結ぶからでしょうね。

ところが日本では、その発音のまま「棒タイ」と
解釈されることがしばしばあり、
結び提げネクタイのことを棒タイと呼ぶ方も少なくありません。

以前、小耳に挟んだお話で、
招待状に「当日はボウタイでお越しください」とあったため、
結び提げネクタイをしていったところ、ヒンシュクを買ったとか。

最近ではタキシードに細いナロータイと呼ばれるネクタイを
コーディネートされることも多くなり、タブーということもありませんが、
ドレスコードが設けられた場では、
ちょっと肩身の狭い思いをしてしまいますね。

同音異義語は日本語には多いですが、
英語と日本語で同音異義語、しかも全く違うコーディネートになる、
頭の片隅においておかれるといいかも知れません。

>> フォーマルまめ知識一覧に戻る

このページのトップへ