フォーマルまめ知識

ウォームビズでもフォーマルでも!人気復活ベストの歴史

フォーマルウェアの由来やネクタイの結び方、正しい着こなし方など‥
知っておくと便利で楽しい、フォーマルまめ知識のご紹介!

ベスト。
昨年のいつ頃からでしょうか。
大手デパートのスーツ広告でも盛んにスリーピース復古がうたわれるようになりました。

スリーピースとはご存知のとおり、ジャケット・パンツ・ベストの
3点が1セットになったものですね。

日本ではベストの事をチョッキと呼ばれたりします。
これは日本独特の呼び名で、その由来を調べてみると諸説あるようです。

直着(ちょくぎ)がなまった説、ちゃんちゃんこが略された説、
ジャケットを意味する、オランダ語の「ジャック」がなまった説など、
他にもいくつかあるようです。

ベスト自体の起源は、中世ヨーロッパで裾が長めの袖無しジャケットで、
コートの下に何枚も重ね着される形で普及していきましたが、
時代の流れに伴い、徐々に短くなり、今あるベストの形になりました。

このベスト(ウエストコート)を最初に身につけたのは、
17世紀、イギリスのチャールズ2世と言われていますが、
この時には、着丈が膝まで達していたというから驚きです。

しかし、それより以前に海賊が「ジレ」という、
ベストの原型のような衣服を身につけていた記録があり、
こちらの方がより今のベストに近いようです。

最近のファッション雑誌では、
元々のジレという名でベストを紹介している記事も増えました。

特にレディースファッションのジレは海賊のジレのように
着丈が長くゆったりした傾向にありますね。

ベストは
細身で胸板が薄く、スーツを着た時にイマイチ見栄えがよくないとお悩みの方にも、
スーツのインナーとして大変オススメです!

厚手のものを着込むよりもスマートで暖かいので
背筋の冷え性にも効果があるかなと、
自分自身、最近スリーピースを着るようになって感じています。

また、パソコンの普及で座り仕事をされる方も多いでしょうから、
ベストで姿勢を正して仕事に臨まれてみるのもまた気が引き締まりますよ。

>> フォーマルまめ知識一覧に戻る

このページのトップへ