フォーマルまめ知識

クレリックシャツが午前中の装いって本当?

フォーマルウェアの由来やネクタイの結び方、正しい着こなし方など‥
知っておくと便利で楽しい、フォーマルまめ知識のご紹介!

クレリックシャツ。

シャツの身頃の生地が無地の白以外を使用し、
襟とカフスだけ白無地の生地を用いたシャツのことです。

クレリックは牧師を意味していますが、クレリックシャツは和製英語。
欧米ではセパレーテッド・カラーやホワイトカラードシャツと呼ばれています。

しかし、牧師用のシャツではなく、礼拝で着用するガウンの襟から、
ガウンの生地とは異なるシャツ襟が覗き、それが多くは白系であることから、
この装いに見立てクレリックシャツの名がついたと言われています。

とすると、教会のウェディングでは、
むしろクレリックシャツは礼装にふさわしいのでは?と思うのも無理ありません。

しかし一方でクレリックシャツは午前中の装いでフォーマルNGなの?
という質問があるのも事実。

これには著名な服飾研究家の書籍に由来するようで、
その中で「クレリックシャツは午前中に着るべき」という一文があるそう。

この話を掘り下げると、真の紳士の装いとは?というテーマで
ファッション界の重鎮たちと対談をした際に
クレリックシャツの扱いについて触れたことが広まったようですが、
真実は「夜ではない昼間の装い」という位置づけのようですね。

ここで、示す夜というのは「夜会」つまりディナーパーティーなど、
欧米で盛んな夜のフォーマルを意味し、
昼間はビジネスシーンを示すと解釈すると答えが見えてきそうですね。

フォーマル=結婚式、二次会が大多数を占める日本人と、
ビジネス(昼)とフォーマル(特に夜)を区別する欧米の人たちの
捉え方の差のような気もしますね。

これらの結論から言うと、
「クレリックシャツは結婚式にOKですか?」
の問いには「最良とはいえない」となりそうです。

身頃の色合いと襟の白という切り替えしが華やかであることなどが理由でしょうか、
日本では二次会だけでなく、披露宴でも見かけることがあります。

厳密なフォーマルの装いの位置づけでは色柄シャツはフォーマルではないのですが、

最近のメンズ雑誌ではクレリックシャツを二次会の装いとして取り上げることもしばしばありますし、
この流れから言えばクレリックシャツの披露宴、二次会での着用もありではないかとも感じます。

ただ、昼の装いという印象はありますから、
着用されたい場合はホスト側や会場に事前に問い合わせることをおすすめいたします。

>> フォーマルまめ知識一覧に戻る

このページのトップへ