フォーマルまめ知識

海外挙式の格上げのコツ

フォーマルウェアの由来やネクタイの結び方、正しい着こなし方など‥
知っておくと便利で楽しい、フォーマルまめ知識のご紹介!

日本語の「礼服」には、
大きなくくりで紋付袴から燕尾服まで多くのものが含まれますが
代名詞ともいえる紳士の礼服はおそらくはフォーマルスーツでしょう。

日本ではネクタイを変えるだけで慶弔シーンを使い分けることができ
本当に重宝するものですが、これが逆にクセモノ。

礼服はあくまで略礼服、
日本の黒い礼服に白いシャツに白いネクタイというコーディネート
街中でこの装いをみれば、「結婚式帰りかな」なんてすぐにシーンが想像できますが
これはあくまで国内でのお話。

海外ではちょっと事情が異なります。

黒スーツに白いネクタイあるいは黒ネクタイという
日本で見慣れた「礼装」は海外ではマフィア?と誤解を招くこともしばしば。
海外のホテルで日本人カップルが挙式をした際、
黒づくめで行きかう日本人に戦々恐々とした視線が送られた・・・
なんていうエピソードを耳にしました。

最近では少しずつ日本人独特の礼装という認識も広まりつつありますが、
決してグローバルな装いではありません。

主賓格で参列されるのにマフィア扱いはあんまり。
そこでお勧めしたいのがコールパンツ。

コールパンツについては過去にも紹介しましたが
履くだけで簡単に格式を上げることのできるパンツです。
庭師のパンツがフォーマルになった

とあるお客様から海外挙式で夏だから
フォーマルスーツは重々しくないかとのお問い合わせをいただき
色味も薄く涼しげであることなどとともに
コールパンツのお話をさせていただいた事がありました。

その後、ご帰国されてから
「現地のホテルスタッフにも日本人には珍しくフォーマルらしい装いだ」
と好評だったとご連絡をいただいたことがあります。

コールパンツは元々モーニングコートに合わせるパンツですから
礼装としての認知度は海外でも、というか海外の方があるほど。

フォーマルシーンに大きなお買い物は大変ですから
ベストやパンツなど1アイテム加えるだけで
格上げができるというのもフォーマルの面白さでもあると思います。

フォーマルスーツをお持ちなら
グレーベストとコールパンツでディレクターズスーツの準礼装、
コールパンツだけでもフォーマル上下とは差別化できますので
ぜひ、記憶に留めておいていただければ幸いです。

>> フォーマルまめ知識一覧に戻る

このページのトップへ