フォーマルまめ知識

新郎の二次会衣装はどんなもの?

フォーマルウェアの由来やネクタイの結び方、正しい着こなし方など‥
知っておくと便利で楽しい、フォーマルまめ知識のご紹介!

一口に婚式の二次会と言っても、その形式は様々かと思います。

ホテルでの挙式のあと、そのまま披露宴(二次会)という場合もあれば、
レストランなどを貸しきって友人だけで、というケースも。

新郎新婦がそのままの衣装で出るケースは悩みもないでしょうが、
改めて二次会というと様々ですよね。

新郎新婦や幹事がドレスコードをきちんと設定する場合もあればそうでない場合も。
以前あった友人の二次会では「新郎新婦にまつわるものを持参(身に着ける)」
という変わったドレスコードもありました。

今回は新婦がカラードレスを着て、友人知人を招いたレストランで二次会、
という一番多く聞くケースでご紹介します。

結婚式披露宴から二次会となると、通しで参加するゲストの多くは礼装をしているはず。

新郎がゲストより格下の装いとなるとちょっと残念。
結婚式~二次会となると時間も経過しているので、夜であることが多いはず。
この場合、やはりタキシードがベストでしょう。

二次会から参加のゲストが多い場合は
新郎側のゲストはダーク系のスーツなどが多いでしょうから、
結婚式から参加のゲストの間に差もできかねないので、
ジャケットのタキシードにパンツをアレンジする、
もしくは蝶ネクタイを柄物にしたり、
ナロータイで飾るのも今風でオシャレかもしれませんね。

日を改めて二次会を開催する場合、
ゲストも礼装よりも略礼装がほとんどのはず。

この場合は新郎もダーク系のスーツをうまく流用しましょう。
スリーピースならなお良しですが、
ツーピースの場合はシルバーグレー系のベストを合わせ、
ネクタイもフォーマル感あるシルバー系のものなら華やか。

チーフの代わりに新婦の衣装(ドレス)に合わせた花を胸元に飾るのも素敵です。

スーツでもウィングカラーのシャツに蝶ネクタイやクロスタイでも
夜のフォーマル感を演出できますね。

私が新郎の友人をコーディネートしたものもご参考になれば幸いです。

スーツはダーク系のスリーピース(新郎私物)

シャツはフライフロントのウィングカラーシャツ

ネクタイは結び下げ型のアスコットタイにブローチ

同系色のチーフを挿し、ラペル(襟穴)に新婦のオレンジのドレスと合わせた
小さな花を飾りました。

スーツにウィングカラーシャツとアスコットタイを飾るだけでも、
ぐっと新郎のテイストが高まります。

ゲストと同じようなダーク系のスーツでも、
新郎がフォーマル用の小物を用いることで差別化できますからね。

二次会といっても、本当に千差万別かと思いますが
色々な魅せ方がありますのでぜひ一生に一度の舞台、華やかにしてください。

>> フォーマルまめ知識一覧に戻る

このページのトップへ