フォーマルまめ知識

タキシードを着こなすアイディア

フォーマルウェアの由来やネクタイの結び方、正しい着こなし方など‥
知っておくと便利で楽しい、フォーマルまめ知識のご紹介!

タキシード。
夜の準礼装の位置づけですが、最近では正礼装として扱われることも多くなってきました。

日本では夕方からの結婚式や披露宴、二次会などが主で
パーティーやクルージングでという方はまだまだ少数派。

しかし、タキシードはカッコいいもの、夜の会には当たり前が欧米の常識です。

とはいえ、ブラックタイというタキシードの完全装備は、
中々敷居が高いと感じられるのもごもっともです。

そこで、今回はタキシードを駆使して、
スタイリッシュにキメる方法をご提案させていただきます。

タキシードはクラシカルなショールカラー、
今、主流のピークドカラー、カジュアルめなノッチカラーと特長は様々ですが、
全てに共通しているのは「拝絹(はいけん)」と呼ばれる
光沢ある生地を襟にほどこしたデザイン。

今のように照明が発達していない頃、薄暗い夜の部屋でも
拝絹に光が反射し、顔がよく見えるように考案されたデザインとも言われています。

この拝絹の光沢こそ、夜の会の気品や雰囲気を高めてくれます。

サイドにラインのある側章パンツが大げさと感じられるのでしたら
デニムを合わされるとスマートカジュアルな装いになり素敵です。

濃紺や白のデニムを合わせると中々Good!

シャツも敢えてフリルやプリーツを大げさ目にしたシャツを合わせるのもひとつ。
黒のプリーツシャツなんかもいいですね。

ネクタイも黒やダーク系のナロータイ(細身のネクタイ)にして、
タイリングで飾るのもよいでしょう。

また、ちょっと遊び心を演出するなら花柄など柄物の蝶ネクタイや
リボンタイもオシャレ。

手結び型の蝶ネクタイを首にかけるだけのパーティーが跳ねた後という
スタイリングも欧米では見かけます。

タキシードのジャケット1枚あれば、ちょっとしたラグジュアリーな
装いに変化させるのはカンタン。

ディナーや夜景を観にいくドライブデートなど、
ちょっとイメージアップしたい時にチャレンジしてみては?

>> フォーマルまめ知識一覧に戻る

このページのトップへ